« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月26日 (火)

☆* 自立女の悲しき『頼れない』サガ

Dscf6156 三度目の正直でやっと入れた、三軒茶屋にある「パンケーキママ・カフェVioVio
土日の昼は込んでで、並ばないと入れません。
今回はサイトウさんにも待ってもらってやっと入れました〜。










Dscf6158
フワフワ天使の羽みたいなパンケーキに涙泣き顔









Dscf6165
日曜は新しく(と言っても中古)買ってもらったジャガーで鎌倉までドライブ。
鎌倉八幡で浮かれてみる。夜は茅ヶ崎の新鮮地魚でまんぷく☆*
 


 

 

「MIMYみたいな結婚がしたい。」

よく、未婚の女の子達に言われる言葉。


昨日もそんな友人の恋愛相談を聞いてて
「自立タイプ」の「頼るのがヘタな女」だよね。

って話していました。

でも、今のご時世、私の周りはそんな子ばかり☆*

変なところで、男と張り合って「私の方が上なのよ」
ってやってしまう。

かわいくないの分かってるのに・・・・涙
そんなことしても意味ないのに・・・・涙


本当はカワイイ女なのに、もったいないよね。
みんな。

みんな、「頼りない男が悪い」と男のせいに
したがるけど、はたしてそうかしら?


彼女達は自分の問題点にもうっすら気づいているけど
どうしていいか分からず、自分自身に向き合うのが
怖いから、相手のせいにしてしまう。

誰しも、人のせいにした方が楽だから。

でも、ホントにそのままでいいの??



今回の文章は、ある自立タイプの女性に向けて書いて
同じタイプの女の子達にもメールで送った内容です。

 

多くの女の子にも当てはまるので加筆、修正して、
日記に上げますね。

 

ちと、辛口です☆*

☆* ------------------------------------------------------☆*


ぜひ、ステキな彼氏を作っていって下さい。


その為にはカワイイ女性になってね。

エレガント路線でも、キュート路線でも
セクシー路線でもようは何でもいいんですよ。
見た目なんて。


重要なのは、男にとって

「守りたい女なのか、そうでないのか。」

その一点に尽きると思います。


男は、DNAに組み込まれた「守るべきもの」を
本能的に求めています。

これは、数億年前に遺伝子に組み込まれたもの、
そうそう容易に変わったりするようなものじゃない。

その「守るべきもの」によって男は強くなれる。
自分自身の存在意義を「守るべきもの」によって
確認しているんです。

男は、女性よりも社会性の中で、自己を確立していく生き物なので、
「自分が他者に必要とされているのか?」というところで
自己存在をやっと確認出来る生き物です。

「自分が他者に必要とされている」と感じ
そして、愛してくれる人に必要とされ、頼りにされると
すさまじいポテンシャルを発揮したりする。

男と女って、一緒になることで素晴らしい
爆発的なパワーを産む力を秘めています。

でなければ、生物学的に女だけで完璧だった
「人類」という種をわざわざ、「男」という
亜種を作ってまで進化する必要なんて
どこにもないですものね。
^_^

あのね、男ってねスゴく弱い生き物なんですよ。

私達、女から見たらね。

だから、時には「守らずにいられなくなる女」を
演じてあげることも必要なんです。


私も、主人がいなくても究極は
生きて行けるのが正直なところです。 (笑)


でも、時に「あなたなしじゃ、私生きて行けないのっ」
っていってあげることは彼ら、男にとっては
最上の賛辞にもなる。

だから、私は、彼の前ではずっと、死ぬまで永遠に
かわいくて守られる妻でいたい。


男はね、建前でどう言おうと本能的に 、

アドバイスをくれる女でもなく
尊敬出来る女でもなく
一緒に向上出来る女でもなく

「アナタってステキ!憧れちゃう〜!!」
「私が出来ないこと何でも出来るよね〜!すごいわ〜!」
「ホントに頼りがいがあって、すてき☆* 」

って、無条件でいってくれる女を選びます。

それが男のDNAに刷り込まれていますから。

そういう女と一緒だと、自分のポテンシャルが
最大限まで発揮されると本能で分かってる。

「男らしい」と感じられる男ほど
こういう女を必ず選びます。

男らしく遺伝子が優秀で、精子の濃い
男にはすでに女が群がってますけどね。(笑)

なんで女が群がるか。

究極のところ、女も「守られたい生き物」なんです。

そういう、自分の内なる声に耳を傾けられない女は
やっぱり一人が多い。

一人でも生きていけるけれど、でもね。

【誰かとなら人生って遥かに違うんです。】

私がそうでしたから。


私は今、主人と結婚してとても幸せです。

彼にもらってもらって、いつも毎日本当に感謝しています。

私も過去「自立タイプ」の「人に頼れない」
かわいくない女の一人でした。

だから、あなたの気持ちがわかる。

でも今では

「アナタってステキ!憧れちゃう〜!!」
「私が出来ないこと何でも出来るよね〜!すごいわ〜!」
「ホントに頼りがいがあって、すてき☆* 」
「アナタなしじゃいきていけない〜。」

って、主人に言わない日はありません。



仕事よりも何よりも、主人を育てることが
私の何よりの生き甲斐だし、たのしみです。

仕事を通して、彼なら素晴らしい影響を社会に
与えることが出来ると確信しているので。


・彼をゆるぎなく信じつづける。
・かわいくて守らずにおれない。
・小さなことでも褒められる。
・仕事で疲れて帰って来たら、アドバイスではなく
だまって膝枕で甘やかせていやしてくれる。
・手の平の上で遊ばせてくれるような安心感。

いたいけな男達にとって、こういう女が
最高にいい女。

そして、こういう女が冴えない男をいい男に
変身させることが出来ると思っています。

「原石男」をみつけて、それを磨いて
とびきりステキな男にするのも視野に入れて下さい。

30過ぎたら女も色々経験し、世界を観、智恵もついて
男を見る目も研ぎすまされてくる。

40過ぎならなおさらでしょう。

そんな、30過ぎ女達の知らないことを知っていて
導いてくれて、出来ないことが出来て、
逆立ちしてもかなわない男なんて、存在していたとしても
出会う確率は限りなく少ない。

まぁ、ほとんどいない。

人生、出会えなかったら、存在していないにも等しい訳です。

年くえば食うほど、結婚偏差値が下がって行きますからね。

年もとるし、男を見る目が年々上がって行きますから。
ハッキリ言っていいことない。


理想的なパートナーは

「お互いだけが分かる 尊敬出来るところ」

があるのではないでしょうか?

他人には分からなくてもいい。

アナタを愛してくれて、たった一つでも尊敬出来る
ところがある男をみつけられたら、その人は
アナタが結婚するべき人なんだと思います。

あなたや過去の私のような『自立タイプ』の女の人は
「人に頼ってはいけない」という気持ちが強いので、
男の人から親切や好意を受け取るのが苦手ですよね。

だから、女の人の役に立ちたいと思っている
「頼れるいい男」から見ると、とてつもなく
つまらなく見えてしまう。

だって、男ってね、いつでも正義のヒーローで
いたいんですよ。
(かわいいじゃないですか☆* ^_^)

「カッコイイ!!」って思って欲しいのに、活躍の場面を
与えてくれない彼女に「自分で全部出来るわよっ!」
ってやられたら、アナタが男だったらどうおもう・・・?

「カッコイイ!!」のたった一言で彼らは男は天上界へも
舞い上がれるほどなのに・・・。(笑)


でも結局、おとこから「オマエは男が必要ないよな。」
とか「オレがいなくても行きて行けるよね。」って
言われて、泣きたくなってしまう。涙

コレ言われたら、末期症状だからね。

自立タイプは幼い時、父親との心の距離感があったり、
母親を否定していたり(経済力の問題でイヤイヤ父親と暮らしていた)、
「女でも一人で生きて行けるようになりなさい!」と
厳しくしつけられた女性がなりがちです。

そうやって、心に鎧を着込んでしまったんだよね。



少しがんばるのをやめて、自分の中にある
弱い部分、人に頼りたい気持ちを否定せず

「うん。私にもそういう部分もあるんだよね。」

って受け止めて上げる心を育ててくださいね。

自分の心の「頼りたい気持ち」に向かって

「頼りたかったんだね、気づかないフリしてててゴメンね。
これからは、一緒に生きて行こうね。」

って言ってあげて。

コレだけでもだいぶ楽になると思いますよ。

まずは、それが第一歩ですよ。

「助けて」って言っていいことに気づいてね。

^_^

がんばらないでね。
ありのままの自分を認めてあげてほしいのです。

本当のカワイイ女のアナタへ愛を込めて。

MIMY*・:*:゜♪:*:。*・☆*


☆* ------------------------------------------------------☆*

女は私から見たらみんな「女神」です。
どんな女にもみんな、美しくカワイイところがある。

『女神性』の魔法を発揮して、原石男を
王子様にするにも乞食にするにもアナタの思い一つ。

王子様ってね、白馬に乗ってやってこないんです。

私達が、原石を磨いて王子にするんです。
^_^

輝け☆*
現代のミューズたち*・:*:゜♪:*:。*・☆*



ちょっと、問い合わせあったので☆*

今月末、頼りベタな女のコの為に内輪で
セミナーやるんだけど、すでに口コミで
埋まってしまってます。
ごめんね〜。(ペコリっ)

じかい、受けたい人は気軽に声かけてね。

でも、こういうセミナーは全身全霊で打ち込むので
マックス5人くらい。

一緒に、少しずつ自分に頼ることを
許してあげられるレッスンして行けたらいいね〜☆*

 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

☆* ピアノと料理とおしゃべりのステキな夕べ

アップしたはずの日記が消えてるよ! ふらふら
なぜ!?
意地で書いちゃうもんね☆* あっかんべー
(笑)

この間の土曜日☆*

古くからの知人のギャラリー、 渋谷の
「ギャラリー ルデコ」にて、ピアノ演奏を
聴きながら、おいしい手料理と楽しいおしゃべり
の夕べへ*・:*:゜♪:*:。*・☆*

ピアノは友人の鈴木奈緒ちゃん。

久しぶりだったな〜☆*
奈緒ちゃんのピアノ。
相変わらず軽快に即興アレンジ☆*

気軽にリクエストに応えてくれるところも
彼女のステキなところ。

29140163_2137815260
気心の知れた人達との楽しいおしゃべり。
おいしい手料理達。
華やかなスイーツ。
奈緒ちゃんのピアノ。

 
 
 
 

パーティーの花だった、昔を思い出し(笑)
ついつい、長居してしまった。^_^
(サイトウさんも出張だったし〜。)

ついでに、古くからの友人がギャラリーの前を
通りかかり驚くやら!嬉しいやら☆*

(彼女の婚約者も出張中。しかし、こちらはブラジルへ三ヶ月。
「私達!このままブラジルに住んじゃうかもっ!」とメールが。
あのグローバルなカップルだったらブラジルはありえるよな。(笑))
 
 


  ギャラリーオーナーの島中氏のバースデーを
みんなで祝って*・:*:゜♪:*:。*・☆*

わたしのバースデーソング、拍子ずれしてますあせあせ(笑)


11月ころ、このギャラリーで展覧会の予定です。
^_^
先に告知しちゃうのは、自分を追い込むため。

みんな、観に来てね*・:*:゜♪:*:。*・☆*


次の日曜日は、ロスから来ている「しのむーん」と
ついこの間、イギリスから帰ってきたダンサーの「Ruby」の
ステキおねいさま達とウチでおそ〜いランチ?を。

Dscf5896
この日はトマト煮を作って。

東北旅行で仕入れてきた、自家製ミソやおばあちゃん達が 作った手作りのカリカリ梅や、シソの実のしょうゆ漬けに舌鼓。

 

楽しくって、おかしくて(とくにRubyが)笑い転げてばかり☆*

やっぱり、お家ご飯が一番おいしいねって
うなづき合う☆*
^_^

ご飯を作ってないと思われると困るので
(親や姉に私は料理が出来ないと今でも思われている。
実家では何もしませんでしたから。ハイ。)
たまには、お家ご飯の画像を☆*
Dscf6145
ある日のサイトウさんの晩ご飯。
ネギトロのシソは、ベランダで育ててるシソ。
ちょっとした、香菜がベランダにあると
とっても便利☆* ^_^  

 
 


Dscf4883
サイトウさんの大好きなエビドリア。
サイトウさんのメタボ対策のため
カロリー高いからこのごろ作ってません☆*

もっか、お魚中心ですね☆*
ウインク

 
 
 

う〜ん冷や汗
いつ、東北の秘湯達を紹介できるんだろう〜☆*
忘れないうちに書いとかないとっっ。

自分達が今度行く時の目安にもなるので、
旅行記って大切☆*



ではでは、ステキな一日をすごしてね*・:*:゜♪:*:。*・☆* 

 
  
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

☆*夕暮れどきの大人のメルヘンPARTY・:*:゜♪:*


東北旅行の秘湯たちをご紹介する前に
先日、行ってきた仲良しアーティスト
Goma、wool達の展覧会のクロージングpartyの様子を・:*:゜♪:*:。*・☆*☆*

^_^

Dscf6124 いつもかわいいヨガの先生、あっきーなもこんなメガネをかけると、赤塚不二夫マンガに出てくるキャラクターちっくに(笑)










Dscf6126 某売れっ子イラストレーター(みんな見た事ある絵書いてます)。
Gomaのみかちゃん。woolのちえちゃん☆*










Dscf6125 めがねっこMIMYにサイトウさんは萌えなかったらしい。(爆)











Dscf6113 Gomaのインスタレーション。
アリスの世界をテーブルの上に
表現しています☆*

 








大人のための大人メルヘン・:*:゜♪:*:。*・☆*

ここまで、自分たちの世界を貫き通している
彼女達のものづくり。

本当に関心、感服させられた展覧会でした☆

今回でますます、Goma、wool達の作品が
好きになりました。


Dscf6115 woolの作品達。
コラージュ作品に定評のある彼女達。
かわいくってキッチュ大人メルヘン。
扉のバックもかわいい☆*
^_^


Dscf6114















今度、彼女達との合同展の企画を具体化しようと思います☆*

彼女達との企画は私はライトを出したいな。
^_^

今、ライトをガラスで作ろうと、試行錯誤ちゅう。

かなり大変ですが、やる価値はある☆*

だって、完成したらものすごくキレイ☆*絶対すてき☆*
スンゴク!楽しみになってきたな!!☆*
うれしい顔

Goma、woolの大人メルヘンに私のキラキラ☆ライト。
絶対ステキな空間になりそう・:*:゜♪:*:。*・☆*



Dscf6108
のぶぅの弟分のふくちゃん、ちょっと、戸惑い気味。あせあせ
ちなみに、ふくちゃん彼女募集中☆*すごくあったかくて、
とって優しい人です ^_^ 
そんでもってシャイ。私と同じ年☆*










Dscf6110

Gomaの作品で遊ぶサイトウさんとMIMY☆*













Dscf6117_2 Gomaの手作りお菓子達でPARTY開始☆*











Dscf6120
シロカブのディップとサーモンのディップ☆*
とってもおいしかったのよ〜。
とくに、シロカブのディップ目がハート












Dscf6119 チェシャネコ(アリスの物語に出てくるおっきなネコ)の
しっぽをイメージした焼き菓子。
お菓子にもそれぞれテーマがあって、そこがGomaらしい。
^_^






Dscf6133
みんな大人なのに、子供みたいにはしゃいじゃう☆*
不思議なネバーランド効果。
それが、すてきなGoma、woolの世界なんだよね〜。







Dscf6134 くじで引いたシールに書いてある役柄を演じてPARTYに
出席するっていう、たのしい趣向☆*

PARTY終わり近く、シールを沢山つけられちゃた、かわいい
ふーたんの背中。











Dscf6123
マイミクのバービーが持って来くれた、 バービーのお店のとってもおいしい、レモンオリーブオイル☆*
このオイルでドレッシングを作ると、プロの味になっちゃうから 不思議☆*

バービー、重いのにほんとにありがとう〜・:*:゜♪:*:。*・☆*
^_^



Dscf6118
昔からの友達にも沢山会えて、あっきーな、のぶう、バービー達も来てくれて
和やかで心おきないたのしい会。







う〜んっっ☆*

久々、個展や展覧会がしたくなりました。

やっぱりアートは大好き☆*
皆さんにステキな空間をお届けできるよう
がんばりますね・:*:゜♪:*:。*・☆*

^_^





















| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆*キラキラ温泉ドライブ 東北秘湯巡り・:*:゜♪:

  

GW、サイトウさんと四泊五日で東北秘湯巡り☆* *・:*:゜♪:*:。*・ 
 

Dscf6030 福島 土湯温泉『不動湯温泉』  
 
 
 
 
 







P1020097 宮城
東北で一番大きく由緒ある神社『塩竈神社』
今回は行きたかった神社にも何カ所か回れて幸せでした〜☆*
 
パワースポットと温泉でエネルギーチャージ☆*








P1020108 最終日、福島  飯坂温泉『なかむらや』 。

そして、歴史的建造物にも直に触れることが出来た旅でした。
この『なかむらや』は江戸時代そのままの国の有形文化財。
女将は『なかむらや』にかける熱い思いを トウトウと熱く語って聴かせてくれて私たちは感激。

ここが最後の宿でホントによかった・:*:゜♪:*:。*・☆*^_^


五つの県をまわって、五つの温泉に入ってきましたが
なかなかアップが出来ない!!ので先に動画だけアップしますね☆*

今回の温泉は行く前に練りに練っただけあり
どの宿もお湯も秀逸ぞろい。

ぜひとも皆さんに早く☆*紹介したいっ!!
でないと、わすれそう〜。あせあせ

東北は秘湯の宝庫☆*

日本は本当にすばらしい。


それでは先に動画をお送りしますね〜☆*
(ほんと。短いですが☆*)


岩手の松川温泉『松楓荘』。

まだ雪が残る、山あいのそのまた奥にある秘湯。

硫黄のニオイが湯質の高さを物語ります。

木橋を渡って洞窟のような露天風呂へ。


東北の秘湯は混浴が多いのですが人が
そんなに入ってこないので女性も安心して入れます。
(女性のみが入れる時間帯も多少ですがあり☆*)

ここの温泉。
今回の旅で最高の湯質でした☆*

滔々(とうとう)と流れる川の音を聞きながら
夜は満天の星にやさしい月明かりを見上げ。
朝は澄んだ朝日に照らされて、うぐいすの鳴き声を聴いて。

大自然に抱かれているのを全五感で感じられるすばらしいお湯でした。

また、ここにはぜひ訪れたい・:*:゜♪:*:。*・☆*

心からおすすめです。
^_^

☆* おまけ☆*

 

29140163_1300402926 まっ! またぎのおじさん?
えっ?いやいやっっ!!ちがった!!
わたしの愛するサイトウさんでしたっっ!!

神秘的なお湯に大変ご満悦のご様子です☆*















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »