« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

アナタが幸せであります様に*・:*:゜♪:*:。*・☆*

Dscf2505








アナタにHAPPY HALLOWEENっっ*・:*:゜♪:*:。*・☆*!
 

毎年、ハロウィンには仮装をするのが楽しみな私。
今年は仕事でパーティーに行けないので、ちょっぴり消化不良。

もっとすごいのが有るのですが、バカすぎるのでサイトウさんに「出しちゃダメっ。」と言われお蔵入り。
残念ーっっ。

皆に、ご披露したかったわぁ。
ああ、私のかぶり物願望はコレくらいじゃ収まりそうもありません*・:*:゜♪:*:。*・☆*(笑)

でもね。
とにもかくにも、アナタが幸せであります様に。^_^
HAPPY HALLOWEENっっ*・:*:゜♪:*:。*・☆*!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

☆* 強烈な光の旋律に心癒されたいアナタへ*・:*:゜♪:*:。

本日なのですが、友人の天才作曲家マツモトジュンイチ(彼を天才と言わずして誰を天才と言うのかしらん。)のコンサートが原宿にて行われます☆*
(またまた、当日の告知になってしまってごめんなさいー。ペコリっ☆* )

Matsumoto120_1
←この人です☆*  けっこうジャニーズ系といわれていたり。
鍵盤を弾く時のジュンクンはセクシーで力強くて、もう、うっとりしますねー。^_^
コンサート会場に行くと、ファンの多さにビックリします。


世界作曲コンクールで優勝する程の才能を持つ、子供の頃から神童として誉れ高い彼は大人になった現在もヤッパリ天才。
(自分では全く、天才と思ってないところが、もージュン君らしい。(笑))

彼の曲は日常の雑多なわずらわしさを、一気に浄化してしまう強い光が織り込まれて作られています。

そんな天界の見えない光とジュンクンの音色に浸ってアナタの体も心も新しい自分に生まれ変わってしまう気分にさせられるでしょう。

帰る時には羽根が生えたように足取りも軽やかなはず。
新たなエネルギーを得て、次の日からまた飛び立てそう☆*

そんな圧倒的なパワーと優しさに満ち満ちたジュン君の演奏。
そうそう、LIVEで聴けるものではありません。


芸術の秋の終わりを飾るにふさわしい、ジュン君の神々しい程の曲達。
是非、アナタに聞いて欲しい*・:*:゜♪:*:。*・☆*
^_^

☆* 〜〜〜〜☆*〜〜〜〜☆* 〜〜〜〜☆* 〜〜〜〜☆*

MATSUMOTO JUNICHI LIVE
「うちゅうじん会議」

日時
2006年10月29日( 日) / 開演17:00(開場16:30) ※終演18:30予定

場所
Blue Jay Way(原宿ブルージェイウェイ) 

※渋谷区神宮前2-32-5 原宿FACE8953ビルB1F
TEL03-5785-1148
※JR山手線原宿駅(竹下口)から徒歩8分/東京メトロ千代田線明治神宮前駅5番出口から徒歩6分

**松本淳一(作編曲家、キーボードパフォーマー)**

ゲスト
トリ音(テルミン)
あらた真生(ダンス)
田中孝(映像)

 

☆* 〜〜〜〜☆*〜〜〜〜☆* 〜〜〜〜☆* 〜〜〜〜☆*

私も、作品を作る時はいつも聴いてます。

今回、私は行けないので(ああーんっ。信じられないっ☆*月末までの仕事が三つ。消えてっっ。なんちゃって、ジュンクンもいつもベストを尽くしきる人。ジュンクンに負けないよう私もベストを尽くすのみ☆*イェイっ☆* )

是非、アナタに聴いてもらいたいのです。

あの美しい旋律を*・:*:゜♪:*:。*・☆
ぺこりっっ☆*
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

☆* 時を刻むよ〜チクタク☆チクタク〜

Dscf2503 バースデーの時にねねちゃまが贈ってくれてた、カサブランカ達が今満開。
部屋中、豊潤で贅沢な香りが部屋中に満ちています。^_^
ねねちゃま、ありがとう*・:*:゜♪:*:。*・☆*

私が若かりし時から、作品を置いているアートギャラリー&ショップの老舗 代官山の[ARTS RUSH]

[ARTS RUSH]は有名無名問わず、オーナーの鈴木氏(通称まやぴー)のお眼鏡にかなった新進気鋭のアーティスト達の作品を2週間ごとのテーマにそって入れ替え委託販売している、アーティストにとっては格好の作品発表の場でもあります。 

特に、ここのところ20代前半の若い作家さんが頑張っているのを見ると「いくら表現しても表現し足りないっ!」という若いときの自分を思い出して、春風に吹かれた爽快な気分になるのよねー。^_^

いやーっ。若いって良いですねー☆*

でも、今の自分も好きだけど。
(いつまでも若いつもり。30過ぎたら年は頭の中から消えました。 笑)

さてさて、今回の[ARTS RUSH]は時計がテーマ。

Dscf2483 私は、時計付きバックチャームを制作しました。
時間の制限もあり出展作品はごくわずかですが、なかなか良いものができて「あれっ。私がコレ欲しい。。」なんて思いながらディスプレイ。(笑)



Dscf2481_1 「腕時計をするのを忘れがちな方」や、「携帯をいちいちバックから取り出して時間を確認するのがメンドウ」という方に喜んでいただけるのではないかしら?
(私がそうなのです〜。(;^_^A)
Dscf2479_1

素材は職人さんに作ってもらっている、ENAビーズや水晶、スワロフスキー、チェコビーズなど。

シンプルなバックに付けて大人の雰囲気を楽しんで欲しいな。

アナタの心がキラキラになるお手伝いが出来れば、うれしいです*・:*:゜♪:*:。*・☆*

他のアーティスト達の作品も個性と手作りの暖かさに溢れた力作ぞろい☆*

他にはない、世界でただ一つの時計達がアナタをお待ちしています。

芸術の秋。
アーティスト達の感性に刺激されて、アナタの知らないキラキラした新しい自分が発見出来るかもしれません。

ぜひ、お越し下さいませ*・:*:゜♪:*:。*・☆*

(私は在廊しておりませんが、代官山一ちっちゃくて金髪が似合うステキなオーナー、まやぴーがお待ちしております。^_^)

Dscf2497_1 バースデー祝いにと[ARTS RUSH]のアーティストでサイトウさんの会社でも働いてくれている、マキリナが贈ってくれたバラのかわいいブーケ。
ピンクのバラが私で、チョコレートコスモス(一番色の濃い花)がマキリナなのですって。^_^ なんだかマキリナらしい、叙情詩的なステキなブーケ。マキリナ、ありがとう*・:*:゜♪:*:。*・☆*

Dscf2472_1 マキリナの歓迎会を我が家でやった時のスキヤキ風景。カセットコンロのガスがなくなったので、急きょアウトドア用のボンベにて代用。
この図が面白くて思わずパチリっ。その後、カセットコンロのガスを買ってきて事なきを得ました。^_^

 

Dscf2362 毎日、キチンと猫草を食べて、腸のお掃除をするウチの王子様☆*
甘えっ子でイケメンのロシアンブルーのターチーくん。彼のお陰で、私達二人いつも癒されてます。

☆* 〜〜〜〜☆*〜〜〜〜☆* 〜〜〜〜☆* 〜〜〜〜☆*

『時 〜ただ一つの〜 計』展

2006年10月25日(水)〜11月6日(月)
am11:30〜pm8:00(月曜日pm5:00まで)
定休日 火曜日

アーティストの手より生まれた、

世界にただ一つだけの時計が、

あなたの時間を刻みます。

Tokei_omote =参加作家=
伊藤愛(時計作家)/稲野つかさ(時計作家)
境野裕子(時計作家)潟口真功(時計作家)
斎藤圭一(オブジェ)/須藤忠隆(陶芸)
MIMY(ライト/ジュエリーアーティスト)/マキリナ(油絵・造形)
村上ワカナ(時計作家)
                   50音順


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

☆* ありがとう。こころより*・:*:゜♪:*:。*・☆*

誕生日に沢山のバースデーメッセージや贈り物
本当にありがとうございます*・:*:゜♪:*:。*・☆*

ぺこりっ。心より*・:*:゜♪:*:。*・☆*

Dscf2448お友達のねねちゃま(デザイン会社経営)、あっちゃん(某メーカー勤務のスーパーOL)、渡辺さん(ENAの代理店イクスの社長)と雪子ちゃん(エクサントリークのデザイナー)、それからサイトウさん。皆様から頂いた花束とお菓子、そしてとっても良い香りのキャンドル達☆*  本当にありがとうございます。^_^ うれしっ。

バースデーはお祝いせず、産まれ来た事に感謝をする日と決めているのですが、やはり贈り物や、暖かいメッセージは素直にうれしく、皆様の優しさが心の奥底に響いて目頭が熱くなったりします。ありがとうございます。
心より*・:*:゜♪:*:。*・☆*

Dscf2464 バースデー当日、友人のヒナゲシ・ヒイロから届いたカードと手渡してくれたかわいいブーケ。^_^
ハロウィン仕様のブーケとショコラ、新生児の頭並みの巨大梨はやっぱり友人の村山女史(ギャラリー・ルデコの才女)が、家まで届けてくれましたー☆*   (T^T)
ぺこりっ。



夜は、サイトウさんの帰りを待って、青山にある友人の割烹あおうみへ。
店主のミキオは、元々、銀座の高級ふぐ店に勤めていたこともあり、仕事が美しく、味はどんな高級料亭とも引けを取らないと私は思っています。

Dscf2419 先付け

Dscf2420 蓮根まんじゅうの揚げ物

Dscf2422 里芋揚の胡麻あんかけ


Dscf2424ブリカマ。皮はパリパリ。身はしっとり、ホクホク。塩でも、カボスだけでも、醤油をちょっとたらしても、素材が素晴らしいから何しても美味しい☆

Dscf2427 北海道のイクラ漬けとシャケ丼
普段、イクラが全く食べられない私でも食べられる。この新鮮さ☆*

Dscf2428銀杏の塩炒り。
皮をむいて、頂きます。身がねプリプリなの。

Dscf2432 アツアツ、ほくほくの銀杏。
かわいい。^_^
秋だねぇ。


Dscf2433 秋サンマの焼き姿寿司
絶品です。
Dscf2435 まさに芸術の領域。
もう何も言う事なしっ!!!

Dscf2436 甘味はここの定番。私も大好物の抹茶アイスのパンはさみ揚げ。サック、サクッの外ととろーりアイスの絶妙なハーモニー。昇天☆*


この店は、「差別」の激しい店なので、もし行かれる事があったら「MIMY」の紹介でと一言添えてください。
ミキオはかなり強面ですが、根はとっても暖かく強く、優しい男です。^_^

彼の料理で、疲れていた体もかなり癒され元気をもらい、「産まれてきた事」と、「私と関わっていてくれる多くの方々に感謝」をしつつベッドへ*・:*:゜♪:*:。*・

なんて、幸せなことだろうか。
こう感じられるのは、皆様のお陰なのです。
何回、伝えても言い足りない。 

本当にありがとうございます。*・:*:゜♪:*:。*・☆*  ^_^

次の日は、前々から約束していた母と姉との天王洲アイルのレストランでのランチ。
母と姉が好きな、イラストレーターさんの作品が展示されているので、「ランチをしながら閲覧して、ついでに私の誕生日も祝ってやろう。」という、なんとも心温まる趣旨らしい。

レストランに着くと甥っ子(3歳・イケメン)も来ていて、とても大切そうにDscf2470_1
←コレを渡してくれた。^_^
一生懸命、私を描いてくれたのですって。。とっても上手でびっくり。(額に入れて飾ります。あぁ、親バカの姉の気持が分かるぅ。)
「ハッピーバーステー.♪:*」と歌も歌ってもらって、私は大大感激☆*
もう、ウルウルですっ。

Tennou2_11 サービスでポテトを口移し食べさせてくれた。(笑)
際限なくやられたけど、かわいいから、まぁいいよね。
甥っ子のファーストキス?はおばの私のモノになった。(あははっ笑)

さあっ。
またエネルギーチャージをさせてもらったので、4、5件あるお仕事。
大切に、良いモノを生み出して行きたいな。

私なりの生き方しか出来ないけれど、これからの一年も、どうぞ宜しくお願いいたします。

アナタの日々が益々、素晴らしく、たおやかで優しい風が幸せを運んできます様に*・:*:゜♪:*:。*・☆*
祈っていますね*・:*:゜♪:*:。*・☆*

MIMY拝

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

☆* 秋の空。風の匂い。みずみずしい心。ちいさな旅☆*

10月いくつも重なり、あわただしくなる仕事を控えて
「富士山のあたりに行きたいよーぅ。」と先週末の朝、サイトウさんにおねだり。
「ホントに行くならすぐに支度をしなさいね。」と言われ、すぐ喜んで身支度っ。^_^

(とことん、愛妻に弱いサイトウさんなのでした☆*  ありがとう〜☆* (T^T))

Dscf2369_1 早速、今の愛車ジャガーのXタイプ(見た目はモッサリしててスマートじゃないけど乗り心地は◎)で富士へ向けドライブ☆*だって、せっかく山も色づく秋だもの。秋の空も美しい。

Dscf2367_1 途中、ホウトウと麦飯を食べ。これはサイトウさんの麦飯ね。まあまあのお味でした。

そうこうしてるうちに、もう富士のふもと。木々がうっすらと色づき始めた富士五湖の一つ、本栖湖のほとりで1時間ほど過ごす。
Dscf2371_1
ゆったり、景色を眺めるサイトウさん。
Dscf2372_1

わぁーいっ!」無駄に はしゃぐ、私(笑)

私が富士山に登った事が無いので、折角だからと五合目まで車で登ってみる事に。

Dscf2374_1 途中、新鮮な産地の野菜と果物を買い物したり。
シイタケをわんさかとトウモロコシ山盛り。それに甘ーいブドウを仕入れました。 こういう地元のものが売ってるお店、スキですー。^_^

Dscf2387 さあっ!富士山を登り始めたよ。木々がより色濃く色づき、日に照らされて黄金色に輝いているの。目が覚めるほどの黄金色。素晴らしいね☆*

Dscf2403 富士山の山肌って、赤いのだねー。近くで見るまで知らなかったよ。
紅葉の美し事☆*


 


Dscf2391 日が山陰に今、沈まんとするのと同時に、五合目までたどり着く。
なんと、美しいのだろうか。あまりの美しさに絶句。。。と書きたいところだが、美しさのあまり「なんてっ、なんてっっ!! 美しいの!信じられないっ!!」と叫びまくる私なのでした。(もう少し落ち着こう...あううっ)   
しかし、五合目でも6度の寒さ。毛皮を着ててもしばれたよーぅ。

Dscf2392 太陽さん、ありがとう。
また明日も皆を優しく照らしてね*・:*:゜♪:*:。*・☆* ^_^


 


Dscf2409 帰り道、ステキなお店を見つけてウナギを食べる。

Dscf2408 無駄に舌が肥えてるので、まあまあのお味。いつも食べてる、銀座の竹葉亭のうなぎが食べたくなっちゃったり。(笑)

でも、この日のご馳走はなんと言っても、雄大にして荘厳な美しい、大自然達。
自然はいつも、心の奥深いところまでみずみずしい優しさで満たしてくれる。
^_^
自然の大切な贈り物で、満たされた心で、人にもモノにも柔らかく優しく接したい。
(大切な友達のウェディング用ジュエリーをこの、やさしいパワーを還元して作り上げたいな)

太陽さんの、暖かさ、壮大さ器の大きさに比べれば私なんてまだまだまだ小さい。
もっと、もっと、もっと大きくなりたい。

あの、全てを照らす太陽の様に*・:*:゜♪:*:。*・☆*
愛する人達の心を明るく照らせたらなんて幸せな事だろう。

リスペクトし目標とする人は多々いるけれど、私の人生の最終目的は太陽さん☆*


でっかすぎて、道は果てしないけど。
きっと、険しくも楽しい道のりになるはず。

アナタにも、暖かい太陽の光が心の底まで届きます様に*・:*:゜♪:*:。*・☆*

イェッィ☆* *・:*:゜♪:*:。*・☆*

Dscf2266



サイトウさんと私との、せっまーい隙間に入り込み、悦に浸るターチー君。
隙間フェチなのかしら?? うーむ。不思議だ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

☆* 「自分を慈しむ」と言う事☆*

秋は風と日差しの心地良さに、つい誘われ都心を離れて自然を感じてみたくなる。
大好きな季節*・:*:゜♪:*:。*・☆*

仕事が立て込み続けると、気が枯れてくるから「みずみずしい自分」に戻してあげないとね。

「穢れ」(けがれ)って良く言うけど、元々「気枯れ」から来る言葉。

私も、「みずみずしい自分」を取り戻すために
「今の仕事が一段落したらどこかに連れて行って。」と、サイトウさんにおねだりしていたので、先月は、長野の諏訪にドライブがてら、連れて行ってもらいました。
^_^

しっとりと落ち着いたやさしい雰囲気を持つ、大好きな諏訪大社にて。
日々の感謝をし、サイトウさんの会社と義兄の会社(すでにこちらは大安泰)の繁栄や、皆々の健康と幸せを深く祈る。

ここは森に囲まれてマイナスイオンも沢山。
神気の満ち満ちた空気を胸一杯、呼吸すると細胞の隅々まで行き渡って、生き返った感じがするよね。

「あーーっっ!きもちいいっっっ!!」
(よみがえりの大絶叫 笑)

その後、北澤ガラス美術館を観て、諏訪湖畔の温泉街にある[片倉館]へ。
Dscf2274 ここへは、今回初めてサイトウさんに連れてきてもらったのだけど、昭和初期に建てられた洋風建築が赴き深い、重厚感のあるステキな建物。


 古い洋館が大好きな私は、[片倉館]内の温泉より建築自体をじっくり堪能。

あっ、もちろん温泉も気持よいよー☆*
立って入る、深くて大きな浴槽の下には玉砂利が敷いてあって足がやさしくツボ押しされる感じ。これがいい。^_^

Dscf2275 あの時代じゃないと出来ない、贅沢な作りがたまらない。

Dscf2278ここは休憩室。ギリギリに行ったのでもう閉まってたの。柱の作りがいいねー。美しい。

Dscf2281あれ、見た事ある人がっ!


この日もステキなところに連れてきてくれた、サイトウさんに本当に感謝です☆*


☆* どうか、あなたも忙し過ぎたときは、ひと呼吸おいて、心にも栄養をあげてあげて欲しい。

よく「つまんないなー、なんか楽しい事ないかなーぁ。」って言ってる人いない?

「つまらない」なら自分から「楽しく」してあげて。
「気枯れ」たら「枯れた木」にする様に「水やり」をしてあげて。

それは【自分を慈しむ】と言う事。

「自分を慈しむ事」これは、とても重要な事。
でも、これを知らない人が本当に多い現代。
だから、辛い生き方をしている人が沢山いるよね。

【どうしたら、アナタは幸せでいられるの?】

これは、アナタの為の質問であり、アナタの大切な人達も幸せにするとても重要な質問。

どうか、自分に聞いてみてあげて。
深く、ゆっくり深呼吸をしてね*・:*:゜♪:*:。*・☆*

アナタの人生が、幸せなものであります様に祈っています。
心より*・:*:゜♪:*:。*・☆*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

☆* VIVA!! 輝く女の子達!!☆*

10/7日、サイトウさんが宮古島へ四泊五日の社員旅行へ行っている間、以前はよく開いていたホームパーティーを久々に開催☆*

今回は普段から、よく会ったり、お世話になっている女の子の友人中心にご招待させてもらいました。^_^ (許容人数の関係でご招待出来なかった方ほんとごめんなさい。ペコリっ!)

Dscf2341来てくれたのは、会社経営、ダンサー、帽子デザイナー、ネイルアーティスト&ウェブデザイナー、フードコーディネイター、イラストレイター、編集、ギャラリーの学芸員、大学助手で日本画家&ジュエリー作家、外資系企業のキャリア&お茶の専門家。

職種は様々だけど、みんなそれぞれの道で、輝いて生きているという共通項がある女の人たちばかり。

Dscf2349
普段、そういう人に囲まれている私は、なんて幸せなんだろう。
一緒にいると元気とすごいパワーをもらえるの。

そして、なぜか、みんな美形ぞろい。
(美しいもの好きな私としては、嬉しくなっちゃうわー☆* )

仕事、恋愛、結婚。
近況の情報交換をしつつ、せっかくの味覚の秋だもの。

Dscf2344 (10年来の親友、会社経営者のまどかは、広島の実家に実った栗で、栗ごはんを沢山炊いてきてくれました。栗がほくほくで美味しいー☆* )


皆で、美味しいものを沢山持ち寄って。
初めて同士の子もすぐに打ち解けて、そこは女の子同士。
すぐに楽しく、ワイワイと☆*

239553483_140

 

私も、手前味噌ながらいつも作って評判がいい、お料理をお出しして。

Dscf2345そこに、フードコーディネーターのハイジちゃんが実家の北海道から送ってもらった旬のサンマを焼いてくれて舌鼓。
(身がね、ホクホクして本当にウマいっっ!)

                                     しかも、ハイジちゃんの焼いてくれた、ガトーショコラとブドウのタルトは彼女のやさしさを凝縮したような美しい味。まさに絶品。
気絶しそうな美味しさです。Dscf2348

人の心を柔らかくさせる
太陽のようなハイジちゃん
の笑顔☆*

Dscf2350
そんな彼女が作った、スイーツ達。
夢に出そうな美味しさよっ。



夜も更けて終電間近、ほとんどの友人と別れを惜しみつつさよならした後は......

古くからの友人達三人と、「人生」「将来」「愛」「病気」「会社経営」「生死」。
今、それぞれが直面している多岐にわたる事柄へ言及。
涙の場面も笑いもありつつ、話しは明け方4時まで続き、朝10時に起きてからも話しが尽きる事が無い。

皆で、解決策を考え今後の人生も互いを支えて行く事を確認する。
そこに言葉は無いけど、確実に伝わる信頼感。
心地いいよね*・:*:゜♪:*:。*・☆*

我事の様に、真剣に思い合える友人達がいてくれる事につくづく感謝。
これって、「本当に幸せな事なのだな」と皆が帰った後、もう一回ベットに入りながら思う。

サイトウさんのいない5日間、さみしかったのは確かだけど、こうした友人達と長時間を過ごせた充実感と、独身の時の身軽さ、気軽さを目一杯楽しませてもらった。
(あれ?どっちにしても私って幸せ☆*でも、サイトウさんがいた方が幸せよん^_^ )

来年のこの時期もとっても楽しみです☆* イェィっ☆*

Dscf2354 サイトウさんのお土産の海ぶどう。これが、また美味でした☆* うふふっ

Dscf2351 きみちゃんが私に贈ってくれたショコラ。秋の夜長の甘ーい
誘惑。すぐにパクパク頂いてしまった☆*
きみちゃん、ありがとう☆*


ホームパーティーの模様をブログに書いてくれてるLINDAヒイロの日記もとっても美味しそにアップしてくれています*・:*:゜♪:*:。*・☆* 。
ありがとうね。ふたりとも。^_^

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年10月 7日 (土)

☆* 神楽坂のゆったりとした優しい時間達☆*

休日、たまにサイトウさんと二人でゆっくりと散歩しながら、おいしいお店散策をします。
私は、この時間が大好き。^_^

車で移動している時に見落としてしまう、小さなお店、風のにおい、小さな路地のノラ猫達に会えるでしょ。

家から徒歩、20分ほどなのでこの日は神楽坂へ。

Dscf2284 神楽坂は、こんな路地達に情緒があるしっとりと落ち着いたところが、気持ちいい町。

Dscf2285 ふとしたところに小さなギャラリーが隠れていたり、子供の頃の宝探しのワクワク感もあったりね。^_^





Dscf2286 色々散策して、この日はニンニクが多めに使われている前からちょっと気になっていたお店、はじめの一っぽ

Dscf2289 スモークサーモンのマリネ。酸味がちょうどいいの。

Dscf2290 海老の春巻きあげ。サクサクして良い食感。


Dscf2291 ポークソテー。お肉がモッチリ、食べごたえ満点。ソースのお味も絶妙だったな。(サイトウさんは牛肉が食べたかったみたいたけど、健康のために豚にチェンジ。)Dscf2293

ワタリガニのチャーハン。結構、がっつりカニさんが入ってるの。これにはカニ好きのサイトウさんは大喜び。^_^

Dscf2294 最後は、手作りのアイスクリームとシャーベットで〆。子供の時、母が作ってくれたようなとってもやさしい味でしたよ。^_^

かなりの人気店のようで、私達が食事を終えたときには満席に。
確実に入りたい人は予約を入れてたみたい。
行かれる時は是非、予約して。^_^

また、別の日もランチに神楽坂へ。
この日は、美味しいもの伝道師、帽子デザイナーのヒナゲシ・ヒイロと。

神楽坂近辺は日仏学院があるので、フランス人が多く、美味しくてお手頃なフランス料理店も多いの。
今日は、「前々から行こうねっ」と約束していた、日仏学院内の緑に囲まれたステキなブラッスリーへ。

Dscf2322 私は大好きなクスクスを。
スープをかけていただくの。いいお出しが出てました。
^_^

Dscf2323 ヒイロのお料理はなんだったかな?
とにかくおいしいかった(笑)


Dscf2326 かわいいヒイロ。チョコレートムースと一緒に。

 


Dscf2325 このケーキは普通の味だったな(笑)


この日は雨だったけど、広いテラスもあるので晴れた日、今の時期にあそこでランチしたらとっても気持いいのだろうな。

でも、雨の日は濡れた木々の葉の色が鮮やかに色を美しく際立たせる。
それを見ながらゆっくりランチするのも楽しい。

楽しいおしゃべりとやさしい時間をありがとう*・:*:゜♪:*:。*・☆*ヒイロ、サイトウさん*・:*:゜♪:*:。*・☆* ちゅゅっ☆*


| | コメント (3) | トラックバック (0)

☆* 美しいウエストの作り方☆*

展示会の日記から、ちょっと間が空いちゃったな。
^_^
その間、色々と書きたいことが山積みあるのですが
今日は前回の日記で紹介しきれなかったコルセット ブランド
[エクサントリーク]の事をご紹介☆*

Dscf2235_1
展示会での[エクサントリーク]のブース。
今回は、甘い春の風がそよいできそうな可憐でキュートなデザインが沢山*・:*:゜♪:*:。*・☆*

Dscf2257_1ディスプレイもやっぱりプロよねー☆*
私は、全くそんな余裕ありません(笑)
って笑い事ではなく、来年の課題です。はいっ。(^^;)

[エクサントリーク]は日本人の体型をデザイナー「細谷雪子」さん
がナミナミならぬ情熱で研究し尽くし開発したパターンで作り上げた
日本で唯一のコルセット専門ブランド。

「コルセットをアウターに着る」がコンセプト☆*

日本人の感覚だとコルセットてまだまだ、インナーの感覚。
それを、[エクサントリーク]では斬新な切り口でファショッンの一部と捉え
、デザインして紹介、提供しているの。

すでに、ハイセンスでオシャレな人たちの間では
熱狂的ファンを獲得して確かな地位を獲得しているブランドなのです。
^_^

コルセットって、締め付けるから「くるしそーっ!」っていう
イメージがあるみたいだけど、[エクサントリーク]のコルセットは着けたら分かるよ。
「心地いい締め付け感」これを感じるはず。
これが、デザイナーが心血を注いできたパターンのなせる技なんですよねー。

Dscf2299_1
市場の原理に乗っ取り(作り手の顔を出すと売り上げがアップするという法則)デザイナーの顔写真を出したかったのですがNGだったっ。
ので、横顔だけ。^_^

彼女のウエストを見てると分かる。
やっぱりコルセットってウエスト細くするのだわー。うらやましーっ。^_^
何年も前から変わらぬ、蜂さんみたいなセクシーなウエスト。(元から細身の人だけど、やっぱりキレイ。)

ついでに、姿勢を良くしたり、腸の位置を正常に保ったりとコルセットって良い事尽くめなのですって。

うーん、やっぱり欲しい。
これは、サイトウさんにおねだりですっ。
うんっ。^_^
(って、いつもおねだりな私。。うふふっ。)

でも、いいの、だって今月、誕生日だもの☆* あははっっ。

これで、蜂さんみたいなセクシーなウエストを手に入れるのよっ。

だって、2.5キロ太っちゃったんだもーん。

(元の体重に戻す為に、今、皇居の周りをちょっとウォーキングしてます。秋の空気がとても心地良くて続きそうです^_^)

今度、お会いする時の私のウエストは蜂腰。

に、なっています様に*・:*:゜♪:*:。*・☆*神様☆*


☆* 特典画像☆*

Dscf2308 [エクサントリーク]と[ENA]を扱う会社、「イクス&Co.」の社長。
私の古くからの友人。カメラに命を吸い取られると思っているのか、執拗に撮らせまいとする図。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »