トップページ | 2006年9月 »

2006年8月30日 (水)

☆*TVの放映を観て下さってありがとう☆*

8/26〜8/27放映の[第6回 神南24時間インターネットTV ]
映像、音声と環境の悪い中、観て下さった沢山の方に心からのありがとうを*・:*:`♪:*:。*・☆*ペコリっ。
^_^

Dscf2028
TVに出したけど映像が荒かったのでよく見えなかったと言われた、Light Art。
また、貸し出し中の西麻布のお店に戻りまーす。
このお店はの私のLight Art で演出されているバー。
とってもムーディー。
デートのさいにいかが?


いつも、仲良くしてもらっている沢山の魅力的でパワフルな美女達も勢ぞろい。

☆*メンタルトレーナーで占星術師のプリンセスヒミコ
☆*帽子デザイナーのヒナゲシ・ヒイロ
☆*ダンサーでストレッチ教室の先生、Ruby
☆*ネイルアーティスト、webデザイナーのLINDA
☆*エナジータッピングのインストラクター、さっちゃん
☆*ビーズアクセサリーと日本画のアーティスト、湯浅紀美子ちゃん
☆*そして、私の才能あふれる、かわいい二人のバイトちゃん(ジュリとキタユキ)

しかも、ほとんどが私のジュエリーを着けてくれていたの。^_^
なんて嬉しい事かしら。

皆が、勢ぞろいすると女神が降臨したみたいにまぶしかった。
もう、本当にキラキラ☆*の世界。
ただ、ENAジュエリーがキラキラしているのではなく、彼女たちのオーラと魂が輝いているのがよく分かる。

いきいきと自分の天命に沿って、懸命にそして鮮やかに、軽やかに生きている女性達から発される、気持ちのいいオーラ。

P8274391

みんな、すごくイキイキしている。そして、かわいい☆*

それらが共鳴するように、1+1=∞のパワーを感じた。
こういうのものすごくスキ。
^_^

そして、私は皆に大切にしてもらっている、ENAを観て新たな製作の原動力を沢山、両手に一杯もらったよ。

嬉しかったー。
ありがとう☆*本当に。

☆*また、神南TVのオーガナイザーの一人でもあり、日経に「お取りよせコラム」を寄稿しているwebプロデューサー、みかちゃんの頑張りと気配りと優しさに感謝☆*こころより

「女の子よ、女性達よもっと輝け☆*私は、ほんの少しでもその為のお手伝いがしたい☆*」魂の奥からそう強く願った。

Dscf2023_1
みかちゃんが出演者にくれた、長野の善光寺の唐辛子。
缶のデザインがカワイイ。^_^

画像環境などが悪く、いまいち楽しさがダイレクトに伝わらない(と言われてしまった)神南TVですが、来年は更に皆さんに喜んでいただけるよう、環境も整えてお送りできたらいいな。
(みかちゃーん☆*神南TVはもう皆のものだよ。)
いやいや、絶対にそうします。
^_^

皆から、ステキなパワーを沢山もらったので
間近に迫っている展示会の準備にアクセル踏んで、いいものを作っていくぞっ。
*・:*:`♪:*:。*・☆*
イェィっ。


あなたの、今日も素晴らしい時間の連続でありますように*・:*:`♪:*:。*・☆*

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

☆*神南TVに出演します ^_^

Dscf1814記事の内容に全然関係ないけど。
あまりにもかわいいんだもの。
すごく暑がりなうちのニャンコ。バスタブで涼んでるのです。きちんと手足を折り畳んでいるところが(笑!!)

サイパン日記の二日目をアップしたいとこだけど、ちょこっとお知らせさせてね。

今年で6回目の[神南24時間インターネットTV]に出演します。
^_^
私の出番は27日のお昼の12:00〜一時間程度です。

私のお友達のステキな方達も出演するの。
楽しみだな^_^

最後の夏祭り感覚で、皆でワイワイッ盛り上がるよっ☆*
テレビでは日テレの「24時間テレビ」、PCでは「神南TV」を付けて最後の夏を感動したり名残惜しんだりしながら一緒に楽しめたら嬉しいです。
^_^

第6回 神南24時間インターネットTV
■テーマ  わたし2.0
■放送日時 2006年8月26日(土)18時〜8月27日(日)18時
■スタジオ 渋谷「. Bar(ドットバー)」
■主  催 神南TV
■共  催 東京大仏TV
■共  催 おひげ電視台
■協  力 adlib,Inc.

って、「神南TV」は多分、感動は出来ないかもなぁ(笑)
でも、元気はもらえるよ。
皆が、心底、楽しみたいと思って作る番組だもの☆*
^_^

夏バテ気味のアナタ。
ご覧になって元気をもらって下さいね。

画面でお会い出来るの楽しみにしています*・:*:`♪:*:。*・☆*

love ciao!! ちゅっ☆*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

☆*脳ミソとろける南国リゾート 1 日目*・:*:`♪:*:。*・☆*

Dscf1842滞在し ていたホテル(アクア・リゾートクラブ)のプール。ここから向こうは白いビーチ。大磯 ロングビーチじゃなくて良かったぁー。(笑)   

203086539_120s泊まっていた部屋。駆け込み予約なもんでオーシャンビューじゃないのっ。ガーデンビューっ。でも、ステキだったなぁー。このホテルとってもお勧め。^_^ コテージ形式になっていて、とても静か。スタッフも皆さん優しい笑顔で迎えてくれます。 
203086539_108sエントランス。このホテル、イルカモチーフがところどころに使ってあってかわいい☆*

このブログを読まれているアナタはどんな、夏を過ごしましたか?
お仕事だった方も、お休みを取れた方もいらっしゃったるのでしょうね。

私達は、06,8/15〜19にかけてサイトウさんの夏休みを利用して、世界の熱海と称されるサイパンに行ってきました。

サイパンはアメリカの田舎町のいい感じにさびれたリゾート地といった感じ。

成田からたった3時間で、ユルーイ、ユルユル極上バカンスが送れちゃう。
日夜、コンクリートジャングルで戦うビジネス戦士達にとってもオススメ☆*

いまだ、脳がとろけたチーズの様なのですが、少しずつ固まりつつ(仕事モード)あります。

固まっちゃったら、南国の事なんて忘れちゃいそう。
なので。
さっくり、思い出日記してみますね。

その前に、戦争体験者で、親戚をサイパンで亡くしている母は、今回の旅行に大反対。

「サイパン」という響きだけで、戦争時の苦くて言葉に出来ない悲しい思いを喚起させてしまうらしい。

旅行に行くと、その土地の歴史や産業を観光しながら探ったりするのも私達の一つの楽しみになってたのだけど。

今回は「日本軍玉砕後地とか、砲台後とかみに行っちゃダメよっ。じゃなかったら行っちゃダメだからっ。」の母の言葉に素直に従い、ゆるやかな流れの中のおだやかで心なごむ時間を過ごす事にサイトウさんと決めた。

「戦後」なんて、ないの。

人間が存在する限り、その深い傷跡は癒える事がないの。

何も不自由無しに幸せに暮らしている今の母だけれど、それでも多くの人が飢えや病気、または戦地で亡くなり、自分も命の危機にさらされた事は忘れ得ない。

人類は「戦争」から学び取った事も多い。

だけど。

「戦争」をせずとも学べる事は多々あったはず。

世界中の「紛争」が一日も早く沈静化して、収まって欲しい。

これ以上、心と体に傷を負った人々が増えない様に。

そう、切に願いつつも、この旅行を母の願い通りに優しい時間で埋め尽くした。

Dscf1845 今回のバカンスも駆け込み予約の為、深夜に現地入り。昼過ぎにやっとこ起きて、おそーいブランチ。景色もいいし、気候もいいからきもちーです。



Dscf1851 サイパンで一番の繁華街、ハファダイへ。レンタルバイク屋のおじさん。カワイイ愛鳥「トニー」と相思相愛。しかも、「トニー」の話し以外の時はスゴク無愛想だったみたい(旦那談)。なぜか、このショットに皆が反応していた。なぜ? 

Dscf1854 バイクで町を走ったり、ショッピングしたり。
久々のバイク。きもちかったよ。^_^




Dscf1902 私は運転出来ないので、もちろん運転はサイトウさん。ビュンビュンッ風を切るよ。
日差しは強いけど、日本まで湿度がないから息苦しくないの。
清々しかったー。

Dscf1861 ハファダイでサイトウさんに買って頂いたドレス(LINDAにネイルアートしてもらった色と合わせました。)に着替えて食事に。お腹が出ない様に気を付けねばっ。(汗)

Dscf1877 このサンダルもLINDAのネイルに合わせてハファダイで買ってみたの。ハファダイとっても小さい町だけど、カワイクてお得な店がチラホラあって楽しい。^_^   ここは女の子のおねだりスポットっ。オススメっ☆*

 

Dscf1866

 

Dscf1868

一日目の夕食は、サイパンでは有名なイタリアン。ハイアットに入ってます。なかなか美味よ。かなり下手だけど(笑)ピアノの生演奏なんかもあったりして。生バンドも(こちらの演奏はオッケーッ) どれも美味。Dscf1869ここもお勧めだなー。^_^                                     

Dscf1872

 

 

 

一日目も南国のゆるやかな優しい時間で、埋め尽くすことができて幸せ。
サイトウさんと現地の人達の素朴でやさしい笑顔に感謝*・:*:`♪:*:。*・☆*

                                                             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

死を意識するという事

Dscf0499

お友達のあっちゃんに頂いた、四葉のクローバー。丁寧に育てると五つ葉のクローバーが出るの。かわいい。^_^

私の脳には、前頭葉に脳血管奇形が直径4センチ幅で存在している。
先天性のものだが、発覚したのは24歳の突然の発作。

10代の時もたまに意識が朦朧となって倒れていた。
その時、必ず左半身が麻卑し感覚がなくなっていたので、直感的に何か有ると思っていた。
ただの貧血と思いたかったが。

発覚した当時は、かなりのショックであった。
医師から名古屋の専門医の所で開頭手術をすると冷淡に言われた事も記憶に鮮明だ。

しかし、私の従妹が都内にある大病院の脳外科の看護婦をしており、たまさかその病院には私の病気の専門医では最高峰と言われるN医師が東大から来ているので、何か月も待つはずのその医師に全ての手はずを整えてもらい全てにおいて優先して診察してもらった。
この事は、いまでも感謝している。

診察の結果、私の患部はあまりに複雑でオペは危険と判断された。
医師団の多くの議論を重ねた結果だった。
しかし、既に私にはこの病を自分の一部として、一生一緒に生きて行く覚悟が出来ていた。

発作はある程度は、薬で押さえられる。
ただ、死亡率は確実に年々上がってゆく。

しかし、薬で押さえていても発作になる時はなる。
基本的には左半身、特に左手のケイレンを伴い意識を失うか、または朦朧とするか。発作が収まっても左手が麻痺し続け高熱が出、一週間はまともに動けない。

今まで、いったい何度、救急車に乗っただろうか。
家にいる時、レストランでの食事の時、地下鉄の中.......。
ICUのベットに沢山の管につながれて、何回横になったのだろうか。

地下鉄を多用する私の携帯電話はphsだ。
倒れそうになったら、すぐに救急車が呼べる様に。
また、電話は脳に近いので電磁波の存在も無視出来ない。
phsは普通の携帯電話よりかなり電磁波が少ないから。

一番初めの発作から、数年後、発作が多発する様になり家から殆ど出る事が出来なくなってしまった事が一年ほどある。

比較的体調が良く、外出しても、いつ倒れるか分らない状況だったので必ず母が連れ添っていた。

元来、人との接触や外出を好む私には、20代の貴重な時間を、家の中で過ごさねばならない辛さや焦りは当時の私には筆舌に耐えなかった。
これ以上心配させたくないので、家族に聞こえない様に顔を枕にうずめて声を殺していつも泣いていた。
何よりも自分自身が情けなくて。

多くの友人達が見舞いに来たいと言ってくれた。
しかし、長い会話が出来ないので会えない。
また殆ど、寝たきりの自分を見られたくない事もあったのだろう。
好きな本を読む事もままならなかった。
激しいメマイとシビレが出てしまうのだ。
電話をしただけで発作になってしまった事もある。

ある、禅の本で「病気の時、寝たきりになっている時が一番の修行である」と書かれた一説が常に頭に浮かんで来たが、この辛さを味わった事の無い人間に言われても何の説得力も無いと思っていた。

そう言うのならば、私と同じ状況になって一番の修行とやらを実践してみたらどうなんだと、著者に吐き捨ててやりたい心情だった。
今、思うとかなり青いな、と苦笑いである。

今となってはこの経験は、私に取って珠玉の経験である。

お陰で強くさせてもらった。
図太い強さが備わった。

普通に呼吸して、普通に一歩を踏み出せる事、それがどんなに素晴らしい事か。
生かされている事がどんなに、もの凄い事なのか。
私は深く知る事が出来た。
その事に魂の奥から感謝している。

病巣は今も私の脳に有って、いつ爆発するか分らないと言われており、シビレもメマイも意識が遠くなる事も常である。
しかし、もう慣れた。(笑)
私の一部である。

10万人に一人の病であるのも、死亡率が上がるのも確か。
しかし、万人が等しく死に向かっているのも確かだ。

それに、私は絶対にこの病気では死なないという確信がある。
根拠の無い確信。(笑!)
でも、もの凄く長生きする予感が常にある。

また、私は闘病の中で死は甘美なものであると知っている。
そう聞くと違和感があるかもしれないが、死は忌むのもでも、恐れるものでも、悲しいものでもなく、新たな始まりに過ぎない。

死は、殆ど毎日意識する。
だからこそ、生きている事がより鮮明に、彩り豊かで希有な事だと分る。
また、作品を作る事が生涯を掛けた命題だと言う事もよく分かる。
これは、一種の才能だと自負している。
私には覚悟があるから。
いや、覚悟させてもらっているから。

この、病気は私に沢山のギフトを授けてくれた。

余談だが、私を支え続けてくれた一説がある。
四書五経の一つ『中庸』から。

[広大を極めて精微を尽くし 高明を極めて中庸(ちゅうよう)に道(よ)る]

これを読んだ時、魂が震撼した。
涙が止まらなかった。
闘病の経験が無かったら、こんなに深く理解出来なかっただろう一説である。
また、陽明学の創始者、王陽明の生き方も私を支えてくれた。
今もそうだ。

そして、多くの人々が私を支えてくれた。今現在も。
ありがとう。こころから。本当にありがとう。

日々新たに、覚悟を新たに、只今に生きる。
一生死ぬまで、こうやって生きて行きたいと思う。
人々を愛し、人々に愛される私を磨いて行こうと思う。

次、出会う貴方ともそういう関係でありたいと切に思う。



これは自分自身の覚悟を新たにする為に書きました。

どうぞこれからもこんな私ですが、宜しくお願いします。
長いのに読んでくれてありがとう。
心より。

貴方の幸せを祈っています。
もし良かったら、お友達に転送してあげてください。
この日記は幸せになる人が多く出るを祈って書いてますので。

この日記は以前、他ブログに書いたものですが、「生と死」は私にとってこれからも大きなテーマとなるものなので、心を改にする為にもここに載せたかったのです。

長いのに読んで下さった、あなたに心からの感謝を。
そして、幸福が訪れます様に。
*・:*:`♪:*:。*・☆*

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月13日 (日)

☆*Happy体質インタヴュー&Happy体質コレクション*・:*・☆*

今、占いを中心に女の子の“幸運体質”作りを支援するサイト【ageUN】にインタヴューして頂いた時の記事が掲載されいます。

[経営者、文化人、芸能人…成功を手にした人は、どういう考え方をし、“ 運 ” を掴んでいるのか。ムーンプリンセス・妃弥子がインタビュー。]という趣旨のインタヴュー。

はたして、私が適しているか全く考えずに、占い好きの私は「ステキー。おもしろそうっ。^_^」とお友達の帽子作家【ヒナゲシ・ヒイロ】からこのお話を頂いた時に二つ返事。

【ageUN】は私達の世代の女の子?だったら知らない人がいないくらい有名な占星術師【ルネ・ヴァンダール・ワタナベ先生】監修の30万人の会員数を誇るサイト。

このお話が来るまで知らなかった、私。(ごめんなさいー。)

インタヴューの形式は【ルネ・ヴァンダール・ワタナベ先生】の時期後継者【ムーンプリンセス・妃弥子】さんというTV ・雑誌で人気のアストロロジャー(めざましTVの星占いの先生というと分かる方が多いみたい。)の方が私を占いながらインタヴューするというもの。

実際合ってみると【妃弥子】もすごくステキで、神代の女神様みたいに気品のある優雅な方。
それに、とてもたおやかで心が包まれるみたいに優しいの。

すぐに仲良くなって、妃弥子や既にインタヴューされた方達と集まってランチをしたり。

Fortune0728その時の写真。とても良い時間でした。皆、ありがとう*・:*:`♪:*:。*・☆*

彼女のブログに、私達の事を書いて紹介してくれたり。

これから放送される(8/26〜27)24時間のインターネットテレビに皆で一緒に出演したり(すごく楽しみ。またお知らせ致しますので、見て下さいー。ペコリっ)

一緒に「何かやりたいねっ。」と心キラキラ輝かせられるお友達になれてウレシイわ*・:*:`♪:*:。*・☆*

_
また、そこから縁あって、【ENA】というジュエリーブランドをやっているので【ageUN】ともコラボレーションすることになり【ageUN】オリジナルデザインの商品を4点、オンラインショップにて販売することに。

女の子がキラキラ輝いて幸せになれる様に、もうスンゴク、イッパイ☆*幸運・開運アイテムを詰め込んだ、思い入れのあるデザインばかりです。

見てやって下さいー。
^_^
そして、感想聞かせて下さったらウレシイわ☆*

(嬉しい事に好評で一回売り切れたものもありますが、やっと再入荷しました。)

もちろん【ヒナゲシ・ヒイロ】のインタヴューと彼女のカワイイお帽子達も掲載されています。とっても素敵よ。^_^

これから、お友達のダンサー【Ruby】やwebデサイナー&ネイルアーティストの【LINDA】のインタヴューも掲載予定。

また、これからもHappy体質でステキな人を紹介して行きたいな。
そして、心地のいい輪を広げて行きたい。

[幸せに麗しく美しく生きるヒント]を発見したい方は必見です。

(私はあまり参考にならないかもー。汗っ。)

人、それぞれの[幸せの形]がある。

それは、甲乙付けがたい程に美しく咲き誇りかぐわしい芳香を放つ 。

皆、幸せでいてくれたらどんなに嬉しいことか。

世界が、美しい花々で満たされる。

そんな日がくるのを私は、心待ちにしているよ。

434983_1305215677s絶対に膝から降りようとしないウチの王子様。これが朝の儀式みたい.....。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トップページ | 2006年9月 »